毒餃子...検品してたの?

ここ数日世間をにぎわせている毒餃子事件。言いたいことはいくらでもあるのだが、何か妙にひっかかったのは「検品」の問題。輸入業者とか、流通業者とか、小売業者とか、工場以外にもたくさん業者が絡んでいるが、もしかして、数と金額以外はろくな検品をしていなかったのじゃないかと勘ぐってしまった。
この何段階もの流通段階で誰かがしっかり検品していればもっと早期に発見できた問題のような気がする。右から左に商品を流すだけで、「何かあったら工場の責任です」というのは、まあ、正しいにしても、だからといって流通業者の責任がまったく問われないで済む問題でもないだろう。
実際、商品のラベルには日本の業者の名前が印刷されているし、「日本のスーパーなり生協なり」で買った商品なのだし。

と、思うのだが、私は流通業界に関して疎すぎるのだろうか?
というか、ラベルは偽物かも知れない、流通業者は検品していない、という状況下で、何を口に入れるのが安全なのか、誰か教えて欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kazuyoshikakihara
2008年02月04日 23:42
どうも私が世間知らずだったようです。
今日の報道を見ていたら、商品は工場を出てから一度も箱を開けられることなくスーパーまで届いているそうです。
ちょっとくらい値段が高くても、「ちゃんと検品しています」というような商品、どこかのスーパーが始めてくれたりしないですかね。

この記事へのトラックバック