小さなBOOKOFFの豪華な品揃え

出版社の人間がブックオフに出入りするのはあまり好ましいことではないと言われるのであるが、自分は昔からの習性で、本が並んでいれば大型書店さんだろうが駅前の小さな本屋さんだろうが、古本屋さんだろうが、とにかくのぞいてしまう。
東京に住んでいる利点の一つが、こういった本屋さんがたくさんあることだ。ブックオフも、たくさんある。今日は、移動の途中で見かけた小さなブックオフに足を踏み入れた。
すると、ブックオフならではの、ものすごくいい棚が見つかった。前々から欲しかった本が、ずらりずらりと並んでいるのだ。品揃えならAmazonのほうが遥かに上なのは否定しない。しかし、このブックオフ、店は小さいくせに、これでもかというくらい、私の好きそうな本をまとめて並べてあるのだ。こんなに私にアピールする棚作りをしている書店さんはついぞ見かけたことがない。Amazonにしても大型書店にしても、商品の数は揃っているけれど、偶然に気に入った本に出会えるかどうかの一発勝負の世界だ。なかなか「ああ、これがほしい。ついでにこちらもほしい」というように次々に本を買っていきたくなるような感覚になることはほとんどない。その点、このブックオフは、棚をまるごと買って帰りたいくらい、意味深な本の並べ方だった。
おそらくは、私と同じような趣味の人が、そのブックオフの近くに住んでいて、引越しか何かの関係で大量に本を処分したのだろう。だから、偶然その人の感性がブックオフの棚に反映されてしまって、強烈な品揃えとなってしまったのだ。もしも本を処分したその人と出会えれば、きっと話が弾んだに違いない。
どのような人かは分からないが、とりあえずありがたく、ブックオフ価格で、それらの本をまとめて購入させてもらった。

いわゆる専門書系の書籍なのだが、こういう本を処分してしまったということは、その人、きっと挫折したのだろうなと思いつつ...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック