LAMPPIXへの中途半端な挑戦

1CDで起動するWWWサーバーを構築したくて、今日もLAMPPIXを調査していた。結局うまくは行っていない状態なのだが、途中経過をメモしておく。

まず、最初に試したのがLAMPPIX mini 。デスクトップアプリケーションは入っておらず、サーバーのみの1CD Linuxだ。こちらのほうが自分の目的には近いと思い、ドキュメントのとおりにHDDにコピーして内容の再構成を試みるのだが、小さなエラーがたくさん出て作業が進まない。
LAMPPIXは更新が停滞して3年以上が経っているので、ソフトウェアが古くなってしまっている、どうにか最新のものに置き換えてやりたいのだが、まったくうまくいかない。

もしやと思い、LAMPPIX( miniのつかないほう )をダウンロードしてきて、ドキュメントどおりの作業をすると、こちらはうまく行く。どうやら、まずLAMPPIXが開発され、そこから不要なアプリケーションを削る形でLAMPPIX miniが誕生したらしい。そして、その「不要なアプリケーションを削る」過程で、後からアプリケーションを差し替える機能も削られたのに違いない。

というわけで、ならば自分もLAMPPIXをベースに作業をしようとしたのだが、「apt-get upgrade」はシステムを不安定にする可能性があるのでお勧めしません、とドキュメントに書いてある。
気になったパッケージをちまちまとアップデートしていくしかなさそうで、今日はここでめげてしまった。

残りの作業はまた明日、というか、ならばDamn Small LinuxにXAMPPを組み込んだほうが早いかもしれないので、そのあたりのテストも試みる必要がある。
中途半端に精神を削る、嫌な仕事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック