MS-Access のmdb破損

ネットワーク共有フォルダに置いてあったAccessのmdbファイルが壊れた。開こうとすると「カレントインデックスを指定して下さい」というダイアログが表示される。ここでOKをクリックすると、一見mdbが開いたように見えるのだが、テーブル、クエリ、フォームんなどがすべてきれいに消え失せていた。
マーフィーの法則どおり、「バックアップを取っていないファイルに限って壊れる」ものらしい。否が応でもこの壊れたmdbファイルをどうにかしなければならなくなった。
まずはAccessのツール→ユーティリティで「修復」を試みるも失敗。
続いて、まっさらなmdbファイルを作り、壊れたmdbファイルからテーブル、クエリのインポートを試みたがこれも失敗。
最後に、ODBCデータソースアドミニストレータで「修復」を試みたところ、どういうわけか、これでmdbの修復が成功した。
ODBCデータソースアドミニストレータというのは馴染みが薄いかも知れないが、Windows XP Professionalだと、コントロールパネルの「管理ツール」のデータソース(ODBC)をクリックすることで起動できる。
いつもこれで修復できるとは限らないだろうが、有力なツールであることには違いない。これを機に記憶にとどめておこうと思った。

ところで、mdbファイルを共有フォルダに置いておくと壊れやすいと分かっているはずなのに、やってしまったのはどこのどいつだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ありがとうございました。
2011年01月06日 12:06
おかげさまで直りました。ありがとうございます。泣きそうになってました。
kazuzyoshikakihara
2011年01月06日 23:45
駄文が役に立って幸いです。5年後の自分に向けて書いた記事のつもりだったのですが。事の顛末はちゃんとメモしておくものですね。
Parker
2017年11月28日 14:41
9年以上前の記事にコメント付けるのもどうだろう…と思いつつも、この感謝を表さずに居られませんでした。
ありがとうございます!こちらの記事に辿り着けてよかった。あなたがこの記事を書き残しててくれて、本当によかった!
kazuyoshikakihara
2017年11月29日 21:09
あ、やっぱりこういうこともあるから、ブログ、再開したほうがいいのかしら。

この記事へのトラックバック

  • フォルダ内保存ファイルの紛失を回避するには?

    Excerpt: パソコン内のデータ損失例の一つで物理障害とも論理障害ともまた違ったパターンがあります。[データを保管した場所を忘れてしまった時には?]どこかに保存したテキスト、画像、音楽ファイル、特殊データ、フリーメ.. Weblog: データ復旧:PC、機材の故障時にお役立ち! racked: 2008-05-04 08:59
  • データ破損の可能性が起こるトラブル障害

    Excerpt: パソコンをはじめとしたデータ保存タイプのメディア、これらには常に[データの損傷]という危険がまとわりついています。具体的にどういったトラブルでデータ破損が起こりうるのか、その事例を一覧にして並べてみま.. Weblog: データ復旧:PC・HDDファイルの復元方法 racked: 2009-05-31 11:04
  • データ破損のパターン:物理障害・論理障害

    Excerpt: パソコンや周辺機器などの記憶装置に内部システムや保存ファイルに障害(破損)が起こり、データの復旧が必要となるケースは大きく分けて[物理障害・論理障害] の2パターンに分類されます。『物理障害とは?』... Weblog: データ復旧:PC・HDDファイルの復元方法 racked: 2009-06-02 09:53