KageHinata および JanusDGX 強化中

大した強化ではないのだが。先日、とあるユーザーさんからメールを頂戴した。GnuPGを使い慣れたユーザーさんのようだった。で、そのユーザーさんがおっしゃるには、KageHinata にしても JanusDGX にしても、もっとGnuPGの発するメッセージを画面に表示したほうがよいのではないかとのこと。
具体的には、KageHinata / JanusDGX においては、現在、一つのファイルを暗号化する際は、GnuPGからのメッセージをそのままウインドウに表示しているが、二つ以上のファイルを暗号化する際は、bsdtarからのメッセージだけを、ウインドウに表示するようにしている。
これを、二つ以上のファイルを暗号化・復号する際にもGnuPGからのメッセージを表示するようにしたほうがよいとの提案だ。

拙作のJanusDGにおいては、簡便さを優先するので、GnuPGのメッセージを極力隠していても問題はないと今でも思っている。
しかし、JanusDGXにおいては、確かにもっとたくさんのメッセージを表示してもいいのではないかという気がしてきた。KageHinataは...JanusDGXとコンポーネントを共有しているので、それにひっぱられる形になる。

というわけで、現在、プログラム書き直し中。
また、プログラムだけでなく、解説記事も色々と追加しなければいけない。
最近、自分では、プログラムよりもヘルプファイルを始め、解説記事を売りにしたいと思うようになってきた。
次回は、単にプログラム改良しましたではなく、添付文書改良しましたというのを強調できるような、リリースをしたいと考えている。乞うご期待。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック