「Adobe Reader ではモリサワの基本○書体が特別扱い?」について

Adobe Reader ではモリサワの基本○書体が特別扱い?」について
今日、何の気なしにPDFのチェックをしていたら、また、Adobe Readerの不思議な挙動を見つけた。Ryumin-Lightでフォントを埋め込まずに作成したPDFは、MS 明朝に置換表示されることは以前に調査した。Adobe Readerでプロパティを表示させても、確かにそのようになっている。
しかし、画面をよくよく見てみると、半角英数の文字がどうもMS 明朝ではないようなのだ。MS 明朝を埋め込んだPDFを表示させて比較してみると、明らかに文字の形が違う。何か別の欧文フォントのようだ。
これもおそらくは綺麗に表示するための措置なのだろう。プロパティ上では「MS 明朝」に置換されていることになっているのだから少し気持ち悪いというのが正直なところ。
Ryumin-Light(埋め込まず)を使用して作成したPDFは、事実上「MS 明朝」を使用して作成したPDFと見た目は同じになるに違いないと思っていたので、実はかなりショックだったりする。
フォントの微妙な違いなんて、お客さんは気にしないのかもしれないが、作る側は異様なくらいに気になるものなのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • PDF変換フリーソフトの紹介。

    Excerpt: PDF変換フリーソフトの概論を前回はお話したのですが、 Weblog: PDF変換フリーソフト,「Adobe Reader ではモリサワの基本○書体 racked: 2008-01-15 15:51