Perlで改行コード不明のテキストファイルを開く際に

Perlでは、ファイルの改行コードがCRなのかLFなのか、CR+LFなのかよく分からない場合に、
http://search.cpan.org/~audreyt/PerlIO-eol-0.14/eol.pm
というモジュールを使うと、小細工をしなくてもいいことがわかった。

「あるといいながある」のはさすがにPerl。
ただ、日本語Windows環境においては、インストールでどのようなトラブルが起こるかわからないので、今日のところはこのモジュールを使わずにプログラムを組んでおいた。
将来また、もっと困った事態になったときのために、このメモを残しておく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック