では、NamazuがHyperEstraierより優れているところはないのですか?

今日、お客様に聞かれて、全文検索ソフトのNamazuとHyperEstraierの性能の違いについて、大雑把に説明する機会があった。商売がらみということと、お客様がややHyperEstraierひいきの雰囲気があったのとで、とりあえずHyperEstraierの利点を述べていたところ、タイトルのような言葉が出てきた。
こういう場面で一番困るのは私が決定的な事を言ってしまって後で「あの時 Kakihara さんがこう言ったじゃないですか」と言われることだ。今回、私はコンサルタントとしてお客様のところを訪ねているわけではない。あくまで別商品の商談のついでに出た話なのだ。なので、Namazuにしておけば絶対安心ですとか、HyperEstraierのほうが高性能ですとか、その場で言えるわけがないのだ。

とりあえずその場で思いついたNamazuの利点は「Namazuのほうが歴史があり、資料が圧倒的に多いです」ということ。
続いて、HyperEstraierのほうがNamazuよりも性能がよさそうなのに、なぜ Kakihara さんはNamazuを使うのですか? と聞かれたので、「私はNamazuのほうを使い慣れているので、他のソフトなどと連携させるにはNamazuのほうがやりやすいのです」と回答した。
そして、最後に奇麗事として「どちらもそれなりに実績のあるソフトですし、それぞれ作者さんががんばって開発を続けています。優劣を論じるような間柄ではないですよ。気に入ったほうをお使いになれば、どちらでもいいのではないでしょうか?」と締めくくった。

場面によっては、どちらかが決定的に有利という場面もあるかも知れないが、本日の案件については、本当に正直ベースで、どちらにしても大差ないだろうと思われた。大差ないから、第三者の視点ということで私の意見を求められていたのだとしたら...空気を読めていなかったのは私だ...orz

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック