電子出版用のDRMシステム

会社にセールスの方がいらっしゃって、FlipBookというものを紹介してくださった。
こんな感じ。
http://www.ebooksystems.co.jp/index.html

システム的には悪くはないが、KeyringPDFとくらべてどうだろうか。
KeyringPDFはベースがPDFなので、出版社としては、印刷用のデータをPDFに変換するだけなので、工程が大幅に省略できるというメリットがある。
FlipBookは、書籍用のデータからの変換に一手間かかりそうな気がしたので、そのあたり、セールスの方に、次回以降ご説明をいただくことにした。

ただ、KeyringPDFについても言えることなのだが、DTPを始め技術革新のおかげで本自体はかなり安く製造できるようになっているので、少なくともコストの面では、電子出版というのはあまりメリットのあるものではなくなりつつあるようだ。
物理的な本なら売り切りにできるが、電子出版だと、ずっと認証用のシステムを維持し続けなければならないので、事後のコストの問題がどうしても出てしまう。

じゃあ、「商売にするのを諦めて、電子出版物は無料で配れ」というのが結論になりそうな気がして、最近、びくびくし始めている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック