PDFの暗号化にAESが使える

今日の今日まで知らなかった。OpenTypeフォントのことを調べていたら、PDFでAESでの暗号化が標準でサポートされていることを知った。ただし、Acrobat、Readerともに7.0以降での話だ。
世間的にはまだまだAdobe Reader 6.0以前を使っているユーザーはたくさんいるので、そうおいそれとAES暗号化したPDFを使うわけにはいかないだろう。しかし、AESというだけで妙に安心できるのは事実だ。とにかく人に説明しやすい。

ちょっと表の仕事が立て込んでいるのだが、それを逆にうまく利用して、PDFを暗号コンテナとして使う実験、早く再開しなければ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月11日 11:59
それはよいことですね。ぜひとも実現させてください。
まー、私は何のお力添いもできませんが。
kazuyoshikakihara
2007年12月11日 23:22
まあまあ、そうおっしゃらずに。
応援応援(と自分から要求してみる)。

今やAdobe Readerの入っていないパソコンのほうが少数派ですから、以前、市さんのおっしゃっていた、相手が特別なソフトを用意しなくても復号可能で、メールへの添付も容易な暗号というのが、これで実現できそうですね。
kazuyoshikakihara
2007年12月13日 23:05
それ面白そうですね。
電子署名専用なのでしょうかね?
ソフトそのものは安いみたいですけれど、Adobe Acrobat Proが必須というのが...
Adobe のプラグイン開発のライセンスを購入するお金があるのだったら、そのお金でプログラマを雇ってPDFまわりのプログラムを直に書かせてAcrobat不要にしたほうが、商売的にもいいような気がするのですが。
日本のアンテナハウスさんみたいに。

この記事へのトラックバック