関東学院大学ラグビー部の大麻事件騒動に思う

ラグビー観戦好きだし、学生のころはよく見に行ってりしたので、昨日来騒ぎになっている関東学院大学ラグビー部の大麻事件騒動には、かなり残念な思いをしている。
大麻を栽培することはよくないことだし、いくらやったのが成年者とはいえ学生スポーツである以上、指導者や大学が責任を問われるのも致し方ないだろう。

こんなときに、明治大学の北島監督が存命だったらどうしたろうかと思う。
関東学院大学に乗り込んで、やった生徒をげんこつでポカリとやって、「反省しろ」とか言っただろうか。
ただ、北島監督なら、この生徒たちを見捨てるようなことは絶対にしなかったと思う。
退部・退学は避けられなかったとしても、必ず更正するまで面倒を見てくれたのではないだろうか。
関東学院大学の春口監督にしても、「人格形成の一助」として学生ラグビーをやっているという話だったので、その言葉を額面どおりに受け取るならば、問題が発生したというのは新たなスタートであると受け止めるべきだ。問題を起こした生徒を退部させ、一時期活動を自粛して終わりというのでは、話にならない。
反省すべき点は反省し、この事件を一つのステップとして、関東学院大学ラグビー部が、大学ラグビーが、新たな一歩を踏み出すことを切に願う。
と同時に、2人の生徒の更正も切に願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インナーワーク  W.ティモシー ガルウェイ

    Excerpt: スポーツの指導方法、マネジメントのパラダイムを転換する。インナーワークの書評をアップしましたのでよろしければご訪問下さい。 Weblog: 心のビタミンスープ racked: 2007-12-09 08:59