影響されやすいプログラミング TIMTOWTDI

今日、仕事でちょっとテキスト処理をする必要があって、Perlでささっとスクリプトを作った。
何か違和感があったのだが、最近、他の仕事にかまけていてスクリプトのようなものを作っていなかったせいだろうと思っていた。

帰宅してから気付いた。
かつての自分なら、この案件はPerlではなくて、JScriptでやっていたはずだ。
今年、入社してきた新人がPerlの名手なので、ついつい引っ張られて自分もPerlでスクリプティングしてしまった。もっとも、Perlらしさという点ではその新人君にはかなうはずもないのだが。
PerlではTIMTOWTDI - There is more than one way to do it. (やりかたは一つじゃない)とよく言われる。Perlなら何通りもの解決策を提示できるというのが元の意味なのだが、 今日は、これ、「それ、Perlでもできるよ」という意味で「やり方は一つじゃない」のかと思ってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック