JanusDGX 0.8.4に不具合

ユーザーさんからのメールで指摘された。

JanusDGXで、鍵輪管理機能を使っていない場合に、「他のユーザーの鍵情報を見ることができない」「署名を検証できない」という不具合が見つかった。

ただし、残念なことにこのバージョンのJanusDGXはソースコード毀損直前のバージョンのため、事故内容の精査ができない。
今残っているソースコードを調べて、確かに問題になりそうな部分はあるので、ここじゃないかとアタリをつけるのが精一杯だ。
で、この推測が正しければ、KageHinataにはこの不具合は影響しないはずだ。

KageHinataでは「鍵輪管理機能を使わない」というオプションはないし、電子署名とその検証機能もないからだ。

この不具合の原因が何であれ、次回のリリースで問題は解決しているはずだと思う。
次回リリースは来週末くらいに何とかなるのではないかと、今、目算している。

また、今回に限らず、わざわざメール等を通じて不具合を報告してくださったユーザーさんに感謝したい。
過去にも色々な方から不具合報告を頂戴し、それを調べた上でこのようにしてブログ上で報告をしてきたが、ユーザーさんにとって、わざわざ不具合報告を作成するというのは一大作業に違いないと思う。
特に、先日、GnuPGのバグトラッキングシステムに自分自身がバグ報告を行って以来、バグ報告をくれるユーザーさんの存在のありがたさが身に沁みる。
どういうわけか、紳士的な方が多いのも幸いだ。
早く、どこかで一旦、機能を固めて、バグ潰しに専念し、きりのいいリリースをしたいと切に願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月19日 12:04
そうですか。では、どんどんバグを発生させてください。その都度、連絡しますので。あれ?
kazuyoshikakihara
2007年07月21日 07:14
OK
プログラムが動かなくてバグすら発生させられない状況は脱しましたよ。

この記事へのトラックバック