時代に乗り遅れていると感じる瞬間

JanusHS新版の公開に向けて最終チェックに入った。
ホームページも更新することになる。

今、自分のホームページは、自作のJukiWikiカスタムバージョンで静的HTMLを書き出し、それをサーバーにアップロードするという方法で制作している。
手元にJukiWikiがあったのと、YukiWikiに静的HTML出力機能がなかったのとで、こういう形態になってしまった。頻繁に更新するわけでもないのに、CGIで全ウェブページを作成するのなんて邪道だと思い、静的HTMLにこだわってきた。

しかし、最近、これが時代遅れの発想だと思うようになった。
今や、サーバーの側にはありあまるCPUパワーがある(に違いない)。
動的HTMLの生成にかかる負荷など気にするほどのものではなくなっている。
ならばむしろ、HTMLを動的に生成したほうが、メンテナンスの手間などを考えると、より効率的で、今風なのかも知れない。
HTMLのバージョン(文法)が大きく変わっても対処が楽だし。

というわけで、動的HTML生成機能を備えた新ホームページの作成を検討し始めた。
サーバーがBiglobeなので、PHP系のCMSは使えない。
Perlで動くCMSということで、FSWiki使ってみるかなぁ~。
HTMLが正確でないとかいう話もあるけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック