7zipをtarの代用にしてみるテスト

拙作のJanusHSでtarを使用していることもあり、tarの代用品として7zipが使えないかテストしてみた。

試してみたのは 7-Zip 4.42。

アーカイブの作成については、問題なし。
パイプライン処理をするには、「7z.exe a -ttar -so dummy files > hoge.tar」というように「dummy」のアーカイブファイル名を渡す必要があるという点がややこしい。
心配なので、試したところ、カレントフォルダに「dummy」という名前のファイルがあってもうまく動作した。

次、アーカイブからの展開。
テストしようとしてヘルプファイルを見たら、「Note: Current version of 7-Zip doesn't support reading archives from stdin.」と書いてあった。
これではパイプラインに入れられない。
というわけで、この時点であえなく玉砕。

パイプライン処理に使えるWin32上のtarは今のところ、gnuwin32で配布しているbsdtarしか見つかっていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック