先日のコメントについて

先日、自分はVisual C++を主に開発をしているとブログに書いたら、「技術者は自分のパソコンの環境を把握していて当然だ」というようなコメントをいただいた。
単に「Borland」という単語で検索してこのブログを見つけて、前後のつながりを考えずにコメントを残していっただけの方のようだったのだが、まあ、興味深い「価値観の相違」があるようなので、題材に取り上げさせてもらう。

私に言わせれば、といっても私は技術者でも何でもないアマチュアの趣味プログラマー程度なのだが、それでもやはり、よほどのレベルの技術者でなければ、いまどき、「自分のパソコンの環境の把握」っていうのは不可能だと思う。
拡張子の数は数え切れないほどあるし、ソフトをインストールするたびにその関連付けがころころと切り替わる。
仕事で開発専用機を持っている人ならまだしも、自宅で、いろいろな作業に使うパソコンを開発にも流用している趣味のプログラマーだと、あっというまに関連付けなんて分からなくなる。
同コメントでは「関連付けなんて初歩の初歩」というような書き方をされていたが、それは一つ一つのファイルならそうだろうが、環境全般についてというのは無茶で、「日本人なら日本の法律すべてを知っているのは初歩の初歩」と言うのと同じくらい、正論かつ極論だ。

いまどきのパソコンは複雑過ぎて、十分にパズル化してしまっているのだ。

それでも、教科書どおり、理想どおりにきれいに動かそうとするのか、どこかで現実に妥協してとにかく動くことを優先するのか、といったところでプログラミングのスタイルは変わってくる。
私の主張する民芸的プログラミングは当然、後者だ。
自分の手の届く範囲で、自分の手のサイズにおさまる規模で、パソコンと向き合い、プログラムを書く。
コードがきれいかどうかよりも、出来上がりに実用性があるか、どことなく味わいがあるかのほうがよほど大事だ。

先日、私の持ち出したたとえの繰り返しになるが、けんだまの玉はまん丸でなくてもいいのだ。それが民芸品ならば。

「ファイルの関連付けなんて初歩の初歩」などといって、プログラミングに対するハードルを無理やり引き上げてしまっては絶対にいけない。それではプログラマが育たなくなるだけだ。
そういう物言いをする人がいるから、Borlandの開発ツール部門が苦しくなっているのではないかとさえも思う。
Borlandのツール類は、民芸的プログラミングの見地からして、本当にいいものがそろっているのだから、このままでは終わってもらいたくない。
復活を切に願う。

けど、やはり、自分が今使う道具でないことだけは確かだ。
ユーザーの情にすがって復活するBorlandなんて見たくない。技術とアイデアで復活してほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック