いいものがあるじゃないか「MSHTML Editing」

つらつらと MSDN を眺めていて「MSHTML Editing」という記事を見つけた。
Internet Explorer に漏れなくついている WYSIWYG の HTML 編集機能らしい。

これを最初から知っていれば、わざわざ遠回りして Wiki の研究などせずに済んだのに、と一瞬思ったが、よくよく考えたら、自分はそもそもアンチ WYSIWYG で、だから dzformatter のような、文書ロジックと整形部分の分離したテキストプロセッサーを作ってみたりしたのだった。

WYSIWYG はその場での操作性は良いのだが、ワンソースマルチユースということを考えると、いささか都合が悪い。
ワープロ画面で編集した文書を HTML 化しても、いかにもワープロで打ったような HTML にしかならないし、その逆もまた然りである。
結局のところ、多少面倒でも、人間側が努力して、それなりの原稿、すなわち、ロジックとデザインの分離した原稿を作るしかないのだ。

が、もしかしたら、この MSHTML Editing というのを使えば、WYSIWYG風のロジック主体エディタだってできるのではないかという気がしてきた。
視覚的な要素が挿入できないようにアプリケーションで制限をかけて、ロジカルな機能だけ使えるようにできるのなら。

ただ、この機能、日本語の資料が少ないのが難点。
英語は読みたくないというようなわがままを言うつもりはないが、やはり日本語の資料があるに越したことはない。

明日以降、この機能が自分の手におえるものかどうか、調査してみたいと思う。
いや、その前に JanusLeaf の説明とか、サンプル文書とか、作らないといけないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック