民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS RSS2.0 の <description> と <content:encoded> の違いについて

<<   作成日時 : 2015/12/12 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

札幌市円山動物園のブログのフィードを解析していて、<description>というタグと、<content:encoded>というタグが使われていて、どちらにも記事の本文らしきが格納されていることに気づいた。
自分でフィードパーサーを書く場合、どちらを採用すればいいのだろうか?

ちなみに問題のフィードはこちら。
「円山どうぶつ雑記帳」
http://sapporo.100miles.jp/zoozakki/?feed=rss2

結局参考になったのはstack overflowのこちらの記事。
http://stackoverflow.com/questions/7220670/difference-between-description-and-contentencoded-tags-in-rss2

結論だけいくと、
content:encodedにはHTMLタグ付きでも何でもいいから本文を格納し、descriptionにはテキストのみで要約を格納するものだとのこと。

細かいことは
http://www.rssboard.org/rss-profile
こちらのページにつらつらと書かれている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
RSS2.0 の <description> と <content:encoded> の違いについて 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる