民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Smalltalk v.s. Python + git

<<   作成日時 : 2014/09/01 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

意味のない比較だとは分かっているのですが。
つい先日git に入門した私が2ch を見ていたら、プログラム板でタイトルのようなネタでちょうど盛り上がっていたのです。

【Python】スクリプト バトルロワイヤル46【pl,rb,php,js】

最初から、54レス目くらいまででしょうか。

Smalltalkを推す方が、Pythonとgitのコンビネーションよりも、Smalltalkのほうが開発効率がいいと主張されているのですが。

4 :デフォルトの名無しさん:2014/08/27(水) 01:48:47.94 ID:K9igsSCk
>>3
理解してるんなら説明してみ。
中央リポジトリーのmasterから
開発者各々がcloneでブランチを作り、
各々が中央リポジトリーの変更をpullで反映しつつ、
pushで各々の変更を中央リポジトリーに反映する方法
とは違う素敵な方法があるんだろ?


とか、

42 :デフォルトの名無しさん:2014/08/27(水) 20:05:14.92 ID:xXZX1H7P
例えばgitとPythonじゃ、
gitはPythonのことを知らないから
1本のSourceに関数が50有ったとして、5個の関数て衝突が発生したら、
残り45個の関数は衝突が解消するまで、Testできない。
Smalltalkなら5個を直している間に、
45個に含まれるBugが発生した3個のMethodを修正できる。


とか、Smalltalkさんが、gitを理解していないのが見え見えなのです。
全く理解していないならまだしも、バージョン管理システムとしては理解しているようなので、話が余計に悲惨なことになっています。

先日のエントリで私は、git を理解していない人が一人でもプロジェクトに入っているとかえってマイナスだというようなことを書きました。
まさにその実例が、このSmalltalkさんなわけです。

もっともレスの文章が短いので私が意味を取り違えているだけで、42の書き込みがユニットテストではなく結合テストのことを指している可能性もあります。
だとしても、衝突が残ったまま結合テストというのもあり得ないので、やはりSmalltalkさんは、ユニットテストの済んでいないコードをマージしようとしていると考えたほうが自然ですよね。

この人がどれだけ優秀なプログラマだとしても、勝手にブランチを作ったり、ユニットテストの済んでいないコードをマージしたりされたのでは、チームとして迷惑この上ないわけです。
そういう方が本当に存在するということが確認できましたし、現実に自分のチームに入ってくる可能性だってありえるということが分かりました。

恐いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介のスレとその前スレを読みましたが、ID:xXZX1H7P と ID:K9igsSCk は明らかに別人ですね。ID:xXZX1H7P は Smalltalk使いらしい(Smalltalk使いとしてもかなり変わった人だとは思います^^;)ですが、ID:K9igsSCk は git使いとしかわかりません。前スレの終わりと該当スレの最初のほうは、それぞれが慣れ親しんでいる運用形態が異なる git使い同士(ID:K9igsSCk ともう一人)と用語の使い方で揚げ足を取り合っているだけの感じがします。git の柔軟な運用形態が逆目に出た宗教論争みたいなものかもしれませんね。

一方、ご指摘の >>4 は確かに Smalltalk の話ですが、Python を含む通常の OOPL が、それらがコンパイル単位とするクラスやモジュールをひとつのファイルに収めて git で管理するのに対して、Smalltalk ではコンパイル単位がメソッドであることのメリットを活かした Smalltalk向けの VCS/SCM運用方法があること(少なくとも git + Python では通常はできない)を述べているに過ぎず、ご心配されている git のチーム運用に支障を来たす考え方・やり方とはちょっとスジの違う話だと思います。

Smalltalk は Python とまた違ったおもしろさがありますので、(お仕事で使われることはないかと思いますが^^;)同じ OOPL でもこんな変わった言語がある…といった見聞を広めるために折を見てぜひ遊んでみてください。
http://qiita.com/sumim/items/6bed17961bd57daf88a3
sumim
2014/09/02 11:00
sumimさん、ご丁寧な考察ありがとうございます。

うーん、 言われてみると ID:K9igsSCk さんについては、色々な推測ができますね。
私はgitの入門サイトを流し読みしただけの人じゃないかと思ったのですが、スレッドに本人が書き込んでいたような運用を実際にやっていたとも考えられますね。

同じチームに入ったらしっかりコミュニケーションをとって、お互いに分かっていること、分かっていないことをしっかり確認してから作業に入る必要があるタイプですね。って、誰とでも当たり前ですか。

Smalltalk は確かに面白そうだとそれこそ10年以上前から思っていましたが、おっしゃるとおり仕事で使う機会がないためどんどん後回しになってしまっておりました。
そのうちに関数型なんていうのが流行り出して、いよいよ後回しでした。

多分、もう少し後回しになりますが、これも縁ですし、いよいよ手を出してみたいかなと思い始めました。
kazuyoshikakihara
2014/09/02 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
Smalltalk v.s. Python + git 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる