民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「入門モダンJavaScript」 を読みました

<<   作成日時 : 2014/07/15 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


入門 モダンJavaScript
オライリージャパン
Larry Ullman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 入門 モダンJavaScript の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


もう5年くらい本格的にJavaScriptを書いていくなくて、そのブランクを埋めるためにこの本を読んでみました。流し読みで読了に1週間程度かかりました。
「モダン」といっても本書の出版が2013年2月。原書はその前ですから、その程度の時点での「モダン」だと考えておく必要はあります。

この5年ほどの間にJavaScriptの文法が大きく変わっているわけは無いのですが、当時は取引先の都合などもあり、主要プラットホームはIE6でした。
それから比べると、最近のJavaScriptは同じ言語には見えないくらい書き方が進化してしまっています。
もちろん、言語自体が進化している部分もあります。
サイ本

JavaScript 第6版
オライリージャパン
David Flanagan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by JavaScript 第6版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


は旧版を一度読んでいますし、これの最新版をもう一度読むというのはあまりに荷が重いのと、かえって肝心なところを読み飛ばしてしまいそうな気がしたので、別の本がいいなと考えており、同じオライリーの「入門モダンJavaScript」を選定しました。

私としては今流行りの書き方ですとか、ライブラリ、新機能が分かればいいというスタンスでしたので、そういった意味ではぴったりの内容でした。
JavaScriptの基本についても適当な復習になりましたし。

ただ、オライリーにありがちなのですが、翻訳の質が必ずしもいいとは思えません(原書と比べてないので翻訳がよくないのかもともと書き方にくせがあるのかは厳密にはわかりません)。
変数宣言の巻き上げが、「巻き上げ」と訳されていたり「ホイスティング」とカタカナになっていたりして、まったく知らない人が見たら混乱しそうなところがあったりします。訳し方を変える必要性があったのかどうか、私には判別できませんでした。
漢数字の「二」がカタカナの「ニ」になっているような気がしてしかたがなかったりもします。電子書籍版を買えばこのあたりはっきりするのでしょうけれど。
本質的ではない部分での細かい誤植もたくさんあります。

まったくのJavaScript入門書としては厳しいかなと思う反面、他の言語の経験があるですとか、本当にかじった程度であってもJavaScriptについて少しで知っているということがあるのでしたら、レベル的にも分量的にもちょうどいいくらいの再入門書になるのではないでしょうか。

内容についてもう一つ注意しておくことがあるとすれば、ブラウザでの動作についてのみ扱われているということでしょうか。デバッグ環境ですとか最近のライブラリですとか、ブラウザ上での動作については簡潔で丁寧な説明がされている一方で、node.jsのようなブラウザ以外の動作環境については一切言及がありません。そういう方面を目指している方は、他の本も必要になりますのでご注意ください。

さて、次は本当にプログラムを書かなくては...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「入門モダンJavaScript」 を読みました 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる