民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS GroovyServ は Cygwin いらず

<<   作成日時 : 2010/11/26 05:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前、Twitter で、GroovyServ というソフトがものすごくいいという話を目にした。
Groovy スクリプトの起動を爆速にするソフトらしい。
といっても、素の Groovy の起動が異様に遅いだけなのだが。
さらに掘り下げると、Groovy の起動が遅いというより、JVM の起動だとか、クラスファイルのロードだとかに時間がかかってしまっているという話なのだが。

この、起動の遅さが Groovy の魅力の8割をスポイルしてしまっているといっても、言いすぎではない状態だった。
ちょっと書いて実行し、ちょっと手直しして実行し、という開発スタイルでやっていると、段々うっとうしくなってくる。
昔の Turbo Pascal を使っているよりも不便な感じ。Turbo Pascal はコンパイラ言語だったのだが、Groovy はそれよりも起動が遅く感じられていたのだ。

それなら、あらかじめ、JVM を起動しておいて、毎回実行の際には、純粋にスクリプトだけを実行するようにすればいい、ということで開発されたのが、GroovyServ ということらしい。
ただ、夏前に Twitter で見かけた際には、Windows 上での実行には Cygwin 必須となっていたし、会社のパソコンでは Cygwin の利用が不可能だったので、GroovyServ の利用は敬遠していた。

しかし、最近、会社のセキュリティをかいくぐり(←よくないですね)、Cygwin を使う目処がたったので、あらためて GroovyServ の情報を収集してみた。
そうしたら、なんと、6月30日公開の Version 0.2 から、Cygwin は不要になっていた。なんという行き違い。

というわけで、今日当たり、ちょっと時間があったら、GroovyServ を試してみようと思う。

GroovyServ は「http://kobo.github.com/groovyserv/」から入手できる。
Google で検索すると、開発者の日記の、Version 0.1 を公開したというページがトップに出てきてしまう(本日現在)ので、取り急ぎ、メモ代わりにここに URL を書いておくことにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GroovyServ は Cygwin いらず 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる