民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Cygwin の日本語対応が進化していた

<<   作成日時 : 2010/01/22 23:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

何の気なしに、Cygwin を USB メモリスティックにインストールし、起動してみて驚いた。
> ls /cygdrive/c/Documents\ And\ Settings/username/My\ Documents/
とやってみると、なんと、日本語のファイル名が普通に出力された。
以前の Cygwin ではなかったことだ。

いつの間に? と言うことで調べてみたら、どうやら昨年の暮れかららしい。
http://sourceforge.jp/magazine/09/12/24/0429208

日本語が表示できるのは便利でいいのだが、結局のところ、文字コードがどうなっているのか分からないので、データ処理の観点からは、また頭痛の種が増えたというべきだろう。
Windows のファイル名は Shift_JIS エンコードだったはずなのだが。
もしかして、これもいつの間にか UTF-8 とかになっていたのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cygwin の日本語対応が進化していた 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる