民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows のコマンドプロンプトで標準エラー出力をリダイレクトする

<<   作成日時 : 2009/12/15 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長らくやっていないとやり方を忘れてしまったので調べた。
基本的に UNIX 系のシェルと同じやり方なのだが。
http://www.monyo.com/technical/windows/04.html
このページあたりが参考になる。

上のページの例を適宜引用させてもらうと、
c:\> hoge.exe 2> stderr.txt
で、標準エラー出力を stderr.txt に書き出すことができる。

また、さらに応用して
c:\> (hoge.exe 2> stderr.txt) > stdout.txt
とやると、標準エラー出力を stderr.txt に書き出し、標準出力を stdout.txt に書き出すというように、出力を分離させることができる。

逆に、標準エラー出力と標準出力をミックスさせてしまいたければ、
c:\> hoge.exe 2>&1
と書けばよい。

しばらく GUI しか使っていなかったから...というのではなくて、標準エラー出力を取る必要のない、画面で見るだけで十分な作業しかしていなかったのが、この機能を失念していた原因だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows のコマンドプロンプトで標準エラー出力をリダイレクトする 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる