民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Libretto U100 と Security Essentials の悲しい関係

<<   作成日時 : 2009/11/04 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Libretto U100 に、Microsoft Security Essentials をインストールしてみた。
悲しいことになってしまい、どうしたものか思案中である。
実用上はほとんど問題ないのだが。

Libretto を起動するたびに、Windows Security センターから、「Security Essentials が起動していません」という緊急警告が表示されてしまう。
毎回、必ず。
その原因は至って単純で、Libretto が遅すぎるから。
Security Essentials の起動に時間がかかり過ぎて、Security Essentials が起動するより前に Windows セキュリティセンターから警告が出てしまうのだ。

時間が経つと、警告は Security Essentials が「起動していません」から、「最新の状態でない可能性があります」に変わり、そこからさらに数分して、やっと警告が消える。
その間、もちろん、OS 自体、重たい状態が続くので何もできない。

起動のたびに、毎回これを繰り返すのが、かなり悲しい。
肝心なときに、本当に重要な警告を見落としてしまいそうでこわかったりもする。

この悲しい数分をやり過ごしてしまうと、そこから先は至って快適なのだが。

いや、本当に、Libretto U100 って、とんがってていい機械だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Libretto U100 と Security Essentials の悲しい関係 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる