民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS AutoIt で日本語を

<<   作成日時 : 2009/09/06 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AutoIt は Unicode 対応アプリケーションだ。
という言葉を信じれば、日本語も使えて当然、と思うのだが、よくよく Help ファイルを読んでみると、例外が挙げられている。
Send および ControlSend コマンドは、Unicode 対応がされていません


画面上に表示されているテキストボックスなどに文字列を入力するために使う、Send コマンドで日本語が使えないというのはかなり痛い。
手元で試したところ、確かに日本語文字列をテキストボックスに入力できない(文字化けしてしまう)ことを確認した。

この問題の回避策も、あわせて Help ファイルに記載されている。
クリップボードを経由するか、ControlSetText コマンドを使用せよとのこと。

とりあえずクリップボードを使用して、
ClipPut("日本語")
Send("^v")
とやることで、うまく目的のテキストボックスに日本語文字列を入力できることを確認した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AutoIt で日本語を 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる