民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS JTable への遠い道のり

<<   作成日時 : 2009/08/20 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

groovy で CSV を解釈するようなプログラムをどうにか書くことができた。
これまで使ってみて、やはり groovy には立ち上がりが遅いと言う問題があることがはっきりしてきた。
JScript や Perl と同じように考えて、パイプライン処理でさらっと流そうとすると、JVM 起動の数秒が異様に長く感じられて、精神衛生上よろしくない。

ならば、せっかく JAVA ベースなのだから、さらっと GUI を構築して、JVM は起動しっぱなしにしておいたほうが、速度的には有利なのではないかと考え至った。
パイプライン処理なんてやらない。
CSV ファイルを開いて、JTable に読みこみ、加工して、また CSV ファイルに書き出す。そしてまた次のファイルを開く。これの繰り返し。
このほうが、groovy には向いているのではないだろうか。

と考えたのだが、いきなりつまずいた。
groovy でさらっと GUI を構築するための、SwingBuilder というものの使い方がさっぱり分からない。
ネットの情報ではまだ少なすぎる。

なら、groovy の元になった JAVA ネイティブの形式でプログラムを書けばいい...のだが、自分はそこまで JAVA を得意とはしていない。
JTable 以前に、勉強することが多すぎる。

まあ、これを機会に勉強すればいいじゃないかということで、とりあえずこの本を買ってきた。

Javaプログラミング辞典―基礎編:データ型・ファイル・GUI (Programmer’s Reference)
翔泳社
日向 俊二

ユーザレビュー:
引きやすいリファレン ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


前半の前半、JAVA の文法をまとめてある部分は、私のレベルのプログラマ(JAVA はあまり使わない人)には非常に助かる。
一方、後半のリファレンス部分は、オンラインの API 仕様書でもいいような気がしないでもない。

ただ、いつでもインターネットが使えるとは限らないし、本で調べたほうが楽な場面も多々あるので...
がんばって使いこなせば、この本の元を取るのは容易だろう。

...しかし、この本を読んだからといってすぐに JTable が使えるようになるとはとても思えないのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JTable への遠い道のり 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる