民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS H2 Database Engine の悲劇

<<   作成日時 : 2009/08/14 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

H2 をサーバーモードで動作させることができるようになったので、調子に乗って色々いじってみた。
早いところクセをつかみたいとも思って。

相変わらずというか、手元のデータではインデックスの作成に時間がかかる。
昨日の夜、新しくインデックスを追加しようとしたのだが、何十分待っても作業が終わらない。
夜の十時も過ぎているし、いい加減、疲れていたので、「作業中」の貼り紙をして帰ることにした。
(貼り紙をしないと、電源の落とし忘れかどうか分からないといって警備員さんに心配をかけることになる)

で、翌朝、すなわち今日の朝。
いい加減、インデックスの作成は終わっているだろうと思って、出社。
PC はスクリーンセーバーが起動している。
マウスをカサカサっとゆすって、スクリーンセーバーを解除すると、なぜかそこには「ログイン」画面。
スクリーンセーバーのパスワードロックとは違う。確かにログイン画面。

不審に思いながらログインしてみると...
「再起動完了。Microsoft Update が完了しました」のメッセージ。

こういう時に限って...自動更新が入ってさらに自動的にPCそのものの再起動までしてくれたらしい。

DB がどうなったのかと思い、H2 をサーバーモードで起動して接続してみると...
何やら、DB をリカバーしているようなメッセージが次々に表示される。
進捗がパーセントで表示されているのだが、なかなか進まない。1分に1%くらいのスピード。

メッセージをよく読むと、どうやらリカバーの対象になっているのは、昨日最後に追加しようとしたインデックスのようだ。
インデックスの作成が完了する前に自動再起動がかかってしまったのだろうか?

とりあえず、朝からずっと、H2 の自動リカバリが続いている。
まだ、DB を操作できる状態にはなっていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
H2 Database Engine の悲劇 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる