民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は H2 Database Engine に挑戦

<<   作成日時 : 2009/08/08 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

groovy が自力で何とか使えそうなので、セットで使う DB を検討し始めた。
これまでなら Perl + MySQL でやっていたような規模の処理。
もちろん、groovy + MySQL でもいいのだが、それだと groovy の魅力が半減する。
やっぱり、groovy とセットで使うなら、Java で書かれた DB のほうがいいだろうということで、まずは H2 Database Engine を検討してみることにした。

http://www.h2database.com/html/main.html

なぜ H2 なのかというと、それはもう適当としか言いようがない。
適当に試してみて、使えそうなら使う。使えそうにないなら使わない、そういう考え方だ。

で、上のページから ZIP アーカイブされた H2 本体をダウンロードしてきて、適当なフォルダに展開する。
これで準備完了。
MySQL に比て、インストールの手間がかからないし、システム管理者の手を煩わせる必要もないしで、お手軽という意味では非常にありがたい。
この一点をとっても、MySQL ではなくて、H2 を試してみた価値があるというものだ。

で、続いて h2.bat をダブルクリックして、H2 を起動...

Windows Firewall に阻まれてしまった...

これだと会社のパソコンでは使えない。
H2 を使いたいので Windows Firewall の設定を変更してください、というような理屈は会社では通らない。

サーバーモードでの使用はあきらめるしかないようだ。
SQLite のようにコマンドラインだけでどうにかなるかな? とも思っていたが甘かった。

groovy があるのだから、組み込みモードで H2 を使っても悪くはないかな? と今は思っている。

少し古いけれど、H2 については、
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/10/12/h2/index.html
このあたりの記事が分かりやすかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は H2 Database Engine に挑戦 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる