民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS また気づかないうちに時代が一つ

<<   作成日時 : 2009/02/24 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私のパソコンを使って、後輩にファイルをコピーしてもらおうとした。
結構使える後輩のはずだったのだが、そいつ、2、3回マウスをクリックすると、いきなりフリーズしてしまった。
もちろんフリーズしたのは「後輩」だ。パソコンではない。

私は基本的にパソコンをカスタマイズするのは嫌い派なので、会社だろうと自宅だろうと、どノーマルで使うことを信条としている。最近はデスクトップの背景画像すら変更してない。買ったときのままだ。
これに必要なソフトだけをインストールする。インストールしたら設定はいじらない(テキストエディタ除く)。

こんなにどノーマルなパソコンは社内には他にないだろうと思っていたのに、後輩君はファイルのコピーすらできずに混乱している。なぜだ?

ここで私は唯一のカスタマイズ点を思い出した。
[スタート]メニューがクラシック表示になっている。
あまりに無意識にやってしまっていたのですっかり忘れていた。

後輩君に「もしかして、[スタート]メニュー?」と尋ねてみると、ピンときたらしく「はい、そうです」と答える。
ならばと、[スタート]メニューをデフォルトのものにもどしてやると、後は後輩君、すっすっと作業をこなしてくれた。このあたり、彼の手先の器用さは私をはるかに上回っている。

そしてこの件で気づいたのだが、どうも社内でクラシックメニューを使っているのはどうやら私を含めてほんの数人だけらしいのだ。もしかしたら私が最後の生き残りかも知れない。

Windows XP プレインストールのパソコンを買ってきたらまず[スタート]メニューをクラシックに切り替えるのは当たり前だと思っていた。というより、あまりに当たり前すぎて気にしてもいなかった。パソコンを買ってきた際に一度だけの作業なので、その後意識することもまったくなかった。
しかし今やそれは、「単なる変な行動」であり、当たり前でも何でもなくなっていた。

「そんな人、いませんよ」と言われて初めて、時代が一つ移り変わったのを知ったのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また気づかないうちに時代が一つ 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる