民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 文字コード関連の資料

<<   作成日時 : 2008/08/21 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

文字コードに関して、先日の ほら貝 (http://www.horagai.com/ )に加え、また詳しいページが見つかったので、メモしておく。

小形克宏の「文字の海、ビットの舟」−文字コードが私たちに問いかけるもの
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/ogata/index.html

不定期連載のようだが、JIS X 0213(いわゆる拡張漢字)について、その成立過程から問題点まで詳細な考察が加えられている。
もちろん、JIS X 0213 の解説といっても JIS X 0208 や Unicode の話を抜きにするわけにはいかないので、そのあたりの記事も充実している。

参考資料へのリンクも豊富で、見つけた瞬間、うれしくなってしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「文字の海、ビットの舟」は大作ですが、全部読まれると、前回のエントリで書かれていた「文字コード」と「字形」の関連がスッキリすると思います。
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/ogata/sp20.htm
つまり、”JISは、漢字に対する符号(コード)を定める規格であり、字形は規定していない”というところがミソなんですよね。
ぶりき
2008/08/21 18:38
「文字の海、ビットの舟」はまだ読んでる途中です。大作ですね。

「JISは字形を規定していない」という一方で、日本ではJISが強すぎて、「字形にこだわる」Adobe-Japan1や今昔文字鏡がどうしてもマイナー扱いになり、JISほどの利便性が得られない、仕方がないので、人名など「字形にこだわりたい」分野でもJISを使わざるを得ないという悩みがありますね。
kazuyoshikakihara
2008/08/21 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
文字コード関連の資料 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる