民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Windowsに標準で付属している自己展開書庫作成ツール

<<   作成日時 : 2008/07/12 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

すぐに名前を忘れてしまって検索できなくなるのでここにメモしておく。Windowsには「IExpress」という自己展開書庫作成ツールが付属している。用途によっては、7-Zipなどのアーカイバをインストールしなくても、これで事足りるはずだ。IExpressで事足りないのは暗号化機能くらいのものだ。まあ、逆にまったく暗号化機能が無い分、下手に弱い暗号を使ってしまう危険がないと考えることもできる。

参考URLはこのあたり
http://support.microsoft.com/kb/880035/ja

Windows XPではZIP書庫を標準で扱えることから、パスワードなしの自己展開書庫を使う機会というのはかなり少ないのだが、今でも色々と面白い使い方を考える人はいるようだ。
IExpressは、元々は自己展開書庫作成というよりもインストーラ作成用として開発されたものなので、ライセンス条項表示機能があり、これを使って、ファイル展開前の警告を表示させることができる。
また、IExpressを使って、BATやVBSファイルをEXEファイルに変換してしまうというテクニックもある。
http://renegadetech.blogspot.com/2006/07/how-to-convert-bat-file-or-vbs-file.html

以上、今回はかなり私的なメモ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windowsに標準で付属している自己展開書庫作成ツール 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる